血管を強くする ビタミンP

血管を強くする ビタミンP についてです。水溶性のビタミンで、ルチン、ヘスペリジン、エリオシトリンの 3 種があり、フラボノイド化合物と呼ばれることもあります。3 種の ビタミンP のうち、最も強力なのは ルチン です。ルチンはそばにたっぷり含まれます。

ビタミンP

ビタミンP

ビタミンP 別名 ヘスペリジンとも呼ばれますは、毛細血管に関係するビタミンです。毛細血管は、弱くなると血管壁を通じて血液が外へしみ出してしまうようになります。年をとると毛細血管はだんだん弱くなります。その結果、高血圧、動脈硬化、鼻血、老人性紫斑病などが起こりやすくなります。

ヘスペリジンは 「 ビタミンP 」 と呼ばれる成分の1種です。フラボノイド骨格を持つポリフェノールとして知られており、血管や巡りに関係する成分として注目を集めています。

特に血管力を高め、元気と活力を維持する働きは素晴らしく、日々の生活で生じる様々なお悩みに寄り添っています。

体の内側をより力強く導く役割を担っているため、年齢を重ねるごとに欲しくなる成分です。

ビタミンP は、毛細血管を強化し、こうした症状を防止する働きがあります。
ルチンが豊富に含まれる食品は 「 そば 」 が有名です。食物繊維も豊富なため健康食として見直されています。

秋に収穫したそばの実から作られ11~12月に出回るものを「新そば」と言います。そばに含まれている栄養素として特徴的なのがビタミンPとよばれている「ルチン」です。「ルチン」は毛細血管を強化する働きがあり、歯ぐきの出血を止める効果や動脈硬化・高血圧を改善する効果もあると言われています。「ルチン」は水溶性でゆで汁に溶け出るのでそば湯を飲むとよいでしょう。

そば についてはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください