ビタミンD」カテゴリーアーカイブ

骨の健康に必要な ビタミン

骨の健康に必要なビタミン を紹介します。ちょっとしたことで骨折してしまう子供たちが現代では多く見られます。昔の子供と比べ骨が弱くなっている原因はいろいろ考えられますが、やはり直接の原因は、骨の原料であるカルシウムが不足していることでしょう。

骨の健康に必要な ビタミン カルシウムのはたらきを生かすビタミンD

骨の健康に必要な ビタミン

骨の健康に必要な ビタミン

ちょっとしたことで骨折してしまう子供たちが現代では多く見られます。昔の子供と比べ骨が弱くなっている原因はいろいろ考えられますが、やはり直接の原因は、骨の原料であるカルシウムが不足していることでしょう。

臓器などと比べるとあまり感じないかもしれませんが、骨は生きています。成長期の子供はもちろんですが、私たちの体の中では、年齢を重ねても常に骨がつくられ同時に分解もされていて、血液中に吸収されているのです。

骨はカルシウムとリンでできています。骨の細胞がつくり出したタンパク質の筋(コラーゲン)に、血液中のカルシウムイオンとリン酸イオンが結合して沈着し、骨になります。

食事をして体内に入ったカルシウムは、胃液の酸で溶けて小腸の壁から吸収されるのですが、このときにビタミンD が無いとうまく吸収されません。

また、カルシウムとリンは、ともに歯の主成分です。骨や歯の形成には、ビタミンDのほかにもホルモンやタンパク質が重要なはたらきをしているので、カルシウム以外の栄養素もバランス良く摂ったほうが良いです。

骨粗しょう症を予防する食べもの

40歳を過ぎ更年期にさしかかった女性は、カルシウムの不足から骨が弱くなったりもろくなったりして、転倒したときに骨折をしやすくなります。これを「骨粗しょう症」といいます。こういった症状は50代くらいから始まることが多いといわれていますが、女性は、男性の何倍も骨粗しょう症が起こりやすいのです。

しかも、日本人女性は欧米人と比べても2倍近く骨粗しょう症を起こしやすいといいます。それは、日本人のカルシウムの摂取量が少ないためです。飲料水をみても、酸性の土壌で覆われている日本の水のほとんどがカルシウムの含有量が少ない軟水です。

ですから、日常的にこの軟水を飲んでいる日本人の場合、欧米人よりもカルシウム不足が起こりやすいということになります。

骨粗しょう症では、まるで軽石のように骨がスカスカになり、骨密度が少なくなってしまいます。こういった現象が女性に多いのはなぜかというと、それには理由があるのです。

女性が妊娠して子供を産むために必要なエストロゲンという卵巣ホルモンは、妊娠のためだけでなく、カルシウムの腸間吸収をとても良くするはたらきがあります。

ところが、更年期となってエストロゲンの分泌が減少傾向になると、カルシウムの吸収は半分以下まで減ってしまいます。さらに、外からとり入れるカルシウムの量が不足してくると、副甲状腺ホルモンのはたらきが活発になって、骨からカルシウムを溶かしだし、不足分を補おうとするので、ますます骨が弱くなってしまうのです。

骨粗しょう症を防ぐためには、やはりカルシウムを多めに摂取することです。そして、ビタミンDの摂取も大切になります。

カルシウムが多く含まれている食品には、小魚、大豆製品、乳製品、海藻などがあります。カルシウムは、中年以降に危険が高まる動脈硬化の予防にも役立ちます。

ビタミンD が含まれている食品は、干し椎茸、ナッツ類、レバー類、カツオやマグロ、イワシなどの血合いの部分、卵黄などです。

ビタミンD

腎臓病患者にとって「光」となるビタミンD

ビタミンDは、最近ではカルシウムと連動したビタミンとしてポピュラーな存在になりました。ビタミンD欠乏によるクル病という病気も聞かれな< なりましたが、腎臓病のひとびとは、これまでD不足に悩まされてきました。それも、新しい形のDの開発により、過去の話となりつつあります。

活性型ビタミンDの必要性

ビタミンD は、体内でつくられ、あるいは食物として摂取されて、小腸から吸収されます。どちらもいったんは肝臓に集まります。この段階では、まだビタミンDとしての働きはありません。
この後、活性型に変わることが必要です。肝臓に集まったビタミンDは、肝臓で酵素の作用を受けて活性化され、さらに、腎臓に移って、そこでまた酵素の作用を受けて、最終的にビタミンDとしての働きをする形になります。この形のビタミンDは、活性型ビタミンDといいます。活性型ビタミンDは、十二指腸と骨に移動して、十二指腸ではカルシウムの吸収を促進します。
一方、骨に移った活性型ビタミンD は、血液中のカルシウムとリン酸を骨に沈着させるように働きます。
ビタミンDがカルシウムを吸収するまでには、これだけのプロセスが必要です。ここで特に重要なのは、肝臓、腎臓をへて活性型になるということです。もし、肝臓や腎臓に障害があって酵素が十分に働かないと、ビタミンD は活性型にならず、食物としていくらビタミンDを取っても、何にもなりません。
この状態が続けば、ビタミンD 不足になり、やがては、D欠乏の症状が出てくることになります。
肝臓と腎臓のうち、肝臓はそれほど問題ではありません。肝障害が軽ければ、ビタミンDを活性化する働きはさじほど低下しません。
問題なのは腎臓です。慢性の腎不全では、確実に活性化されなくなります。この機能は、人工透析ではできません。慢性腎不全の人は、つねに骨軟化症など骨の異常に悩まなくてはなりませんでした。
そこで考えられたのが、ビタミンDを初めから活性型にして与える方法です。これなら、腎臓での活性化をへなくとも十分に働きます。
腎不全の患者にとっては大きな救いになりました。また、老人に多い骨粗髭症(骨がもろくなる病気) にも、この活性型ビタミンD が効果があることがわかりました。

ビタミンDのまとめ

特徴

熱に強く、酸化されにくい脂溶性のビタミン。摂取量が過剰になると、脱力感、食欲不振、吐き気、体重減少などの過剰症症状があらわれるので注意。

作用

カルシウムとリンの吸収を助け、血液中のリンの量を一定に保つ働きがある。
また、ビタミンAやビタミンCとともに風邪などの予防にも役立つ。

過剰症

乳児の場合は、骨の発達が阻害され、頭の骨が薄くなる、背中が曲がる、O脚、X脚、くる病などのが障害が現れる。、また、成人、特に妊産婦では骨軟化症のおそれも。

ビタミンDを豊富に含む食品

  • まぐろの脂身
  • マイイワシ
  • 塩鯖