ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

黒髪はパントテン酸

パントテン酸は、いまひとつ、なじみのないビタミンと思う人が多いでしょうが、意外に身近なところに使われています。たとえば、やけどや切り傷などに効く軟膏にはパントテン酸入りのものが多くあります。ま
た、養毛剤にも使われているビタミンなのです。このことからわかるように、パントテン酸は皮膚の栄養に大きなかかわりを持っています。毛髪にも影響を与えます。毛根や毛髪周囲の皮膚に影響を与えて、毛の質をよくし、ツヤがよく生き生きした髪にする効果を持っています。

パントテン酸のまとめ

特徴

水溶性。多くの食品に幅広く含まれており、腸内細菌によって合成されるので不足の心配のないビタミンです。アルカリに弱い以外は安定。

作用

糖分やタンパク質の代謝を促進します。また, 抗生物質などの毒性を和らばる, 細胞の形成や正常な成長を促進する,中枢神経の発達を助けるなど の作用もあるとされています。

Tags:

Posted in パントテン酸