ビタミンB1」カテゴリーアーカイブ

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると B群 も一緒に排泄されてしまう

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると B群 も一緒に排泄されてしまう のでビタミン剤を飲む時には注意しなければいけません。ビタミンB群 のなかの ビタミンB1 を、錠剤でとったとしましょう。そうすると余分な B1 は尿のなかに排出されますが、問題なのは、そのとき ビタミンB2 B6 B12 などほかのビタミンB 群も、たとえ必要量を満たしていなくても、一緒に体外に出てしまうのです。

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

食べ物と健康といえば、これまではとかく栄養素のみが重視されてきた傾向が強くあります。もちろん、必要なだけの栄養素は満たさなければならないけれど、食生活というのは、私たちの生きている環境すべてをひっくるめて考えるべきです。

環境が違えば、採れる食べものの種類も質も違います。土が違えば栄養素も変わってきます。食べたあとの消化吸収だってそれぞれに個体差があるし、年齢によっても性別によっても変わってきます。

同じ蛋白質でも、充分に吸収できればその人にとっては栄養素になりますけれど、吸収できなければ腸のなかで異常発酵して、発ガン物質になります。

食べたら運動もしなければならない。取り入れたエネルギーを完全に燃焼させることが肥満を防ぎ、有害物質が体内に蓄積されるのを防ぎますから。東洋医学でいう、陰と陽のバランスも大切です。栄養素の面でも、ストレス時代といわれる現代では、苦に比べ、ビタミンとミネラルの消耗が激しくなっていますので、三大栄養素より、こうしたものをもっととる必要があります。

ただ、錠剤では効果はありません。それどころかとり過ぎて、過剰害を起こしかねません。工たとえば ビタミンB群 のなかの ビタミンB1 を、錠剤でとったとしましょう。そうすると余分な B1 は尿のなかに排出されますが、

問題なのは、そのときB2、B6、B12などほかのビタミンB 群も、たとえ必要量を満たしていなくても、一緒に体外に出てしまうのです。

亜鉛を吸収するには ビタミンB6 が必要ですから、B6 の不足している人が亜鉛剤をいくら飲んでも何の効果もありません。鉄剤も同じです。

鉄分は胃酸によって、イオン化されて初めて体内に吸収されます。無機の鉄は皮膚に沈着して色を黒くするばかりか、胃を荒らす原因ともなります。医食同源という言葉がありますが、やはり食事からでなければ、バランスのとれた栄養はとれないんですね。自然の摂理というのは面白いもので、あるミネラルを吸収するために必要なビタミンは、全部同じ食品のなかに入っています。

ビタミンB1

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン はどんなビタミンを摂るのがベストでしょうか?現代人はストレスが多いので多くの人がこのビタミンを必要としているのは間違いありません。

栄養をエネルギーに変える ビタミンB1

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

精神のビタミンともいわれる ビタミンB1 は、情緒の安定や集中力、学習能力とも深いかかわりがあります。

ビタミンB1 はご飯やパンなどの炭水化物をエネルギーにつくりかえる重要なはたらきをしているので、不足すると当然これはうまくいきません。

それだけでなく、燃焼したあとに残ったゴミが体の細胞にたまっていってしまいます。例えば、肩に乳酸がたまると肩コリとなるし、足にたまるとむくみが起きてだるくなります。そして、さらにビタミンB1 が不足した状態になると、ストレスととてもかかわりの強い肝臓、副腎、心臓といった臓器に貯蔵されているビタミンB1が奪われ、エネルギーづくりが強行されます。

こうした状態が続くと、ちょっとしたストレスにもうまく対処することができないようになり、何かのきっかけで暴力や自殺などのエスカレートした行動をとる可能性も出てきます。

脳に必要なビタミンB群

ストレスがたまっていると、些細な事が気になって、勉強をしていても頭に入らないことがあるでしょう。何か新しい事を学習して理解したり、正しい判断をするエネルギーというのは、大脳に運ばれてきたブドウ糖が、 ビタミンB1 に助けられてエネルギーにつくりかえられ起こるものです。ビタミンB1 はこうした役割も果たしているのですが、不足が続けば脳の中にも乳酸はたまっていきます。

現代人は食生活の乱れから、集中力が続かない、イライラしやすい、落ち着きがない、といった状態にあるといえます。こうしたことも、普段摂取している栄養と大きく関係しているのです。

脳への栄養補給は、活動に応じて血管が拡張し、その部分だけに血液がたくさん流れるようなしくみになっています。ブドウ糖は、脳の中でも完全燃焼してエネルギーに変わる必要があります。そのためには、

、など、さまざまなビタミンB群がじゅうぶんに無いと、脳に蓄積される分は消耗していきます。

ストレスに対抗する ビタミンC

血管の浄化やコレステロールの新陳代謝を促進するのは、 ビタミンC のはたらきです。コレステロールを体外へ排出するためには、コレステロールから胆汁酸をつくり、それを腸へと排出していかなければなりません。

そして、胆汁酸をつくるためにはビタミンCが必要です。ですから ビタミンC が不足すると、血液が肝臓を通るときに、正常にコレステロールを血液から分離できなくなって、血液中のコレステロールが下がらなくなってしまいます。また、胆汁の中にコレステロールが排出されたとしても、完全に溶けきらずに、胆石の原因となります。

ストレスがかかったとき、血圧やコレステロールが上昇するということは、副腎皮質ホルモンを大量に生産しなればならないということで、ストックされている ビタミンC が使い果たされてしまいます。そのため、コレステロールの排出のほうにまで ビタミンC がまわらなくなった状態なのです。

ストレスがかかっているときにこそ、ビタミンCをたくさん摂って、副腎皮質ホルモンをたくさんつくり、コレステロールが上がらないようにすることが大切です。副腎というのは腎臓の上に位置する小さな器官で、ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンやアドレナリンを分泌してストレスに対抗します。

副腎皮質ホルモンには、糖質や脂質、タンパク質の代謝を促してエネルギーをつくったり、炎症を抑えるはたらきがありますが、ビタミンC は、こういった作用がある副腎皮質ホルモンの材料となっています。そして、必要なときにすぐに合成できるように、副腎にいつも大量にストックがあるのです。

私たちは、精神的なストレスのほか、風邪やさまざまな病気にもかかるので、ビタミンC を多めに摂取することを心がけていたいものです。

ビタミンの知識

甘いもの が 大好きな 人の ビタミン 摂取術

甘いもの が 大好きな 人の ビタミン 摂取術 です。疲れたときには甘いものがほしくなります。糖質は、脂肪やタンパク質よりもエネルギーになりやすいので、体が要求するのですが、いつも甘いものを大量に食べているとなるといおろんな問題が起きるので注意しなければなりません。

糖質の代謝に ビタミンB1 が使われる

甘いもの が 大好きな 人の ビタミン 摂取術

甘いもの が 大好きな 人の ビタミン 摂取術

日本人の砂糖の消費量は、戦後、急カーブを描いて上昇しています。国民1人当たりの年間平均消費量を見ると、1955年と1980年を比べると2倍に急増しています。
1980年では、年間24kg摂取しているデータがありますが、これは、1日平均では 66 g です。これは、角砂糖(1 個3.5 g として) にすると 19 個分に当たるのですから、かなりの量です。

甘党の人は、無意識のうちに 1 日 100 g 程度取っている人もいます。
最近、「砂糖の取り過ぎ」がいわれ、砂糖を糖尿病や心臓病など成人病の元凶のひとつとする見方もあります。
砂糖の適正な摂取量には定説がないので、どの程度取れば害があるのかわかりませんが、甘党の人は、そうでない人に比べて ビタミンB1 が不足しやすいことは確かです。
糖質がエネルギーに転化するには ビタミンB 1が必要です。

体内に入ってくる糖質が多いほどB1の消費量は大きくなります。それを補うだけの B1 を取っていなければ、不足してしまいます。甘党の人は、 ビタミンB1 を普通の人の 1.5 倍から 2 倍ぐらいは取るように心がけたほうがよいでしょう。
ビタミンB1 を多く含む食品

糖尿病なら ビタミンB6 を摂取

糖尿病が不安ならば、レバーやイワシ、ナッツ、くるみなどによって ビタミンB6 を取るようにします。
糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの異常が原因で起こる病気です。
インスリンの異常にもいろいろありますが、そのひとつがインスリンとキサンチンの結合によるインスリンの活性低下です。

キサンチン (xanthine) はプリン塩基の一種で、ほとんどの体組織や体液に見られる有機化合物です。 キサンチンは生体内でプリン化合物が分解したときに生じ、キサンチンデヒドロゲナーゼ(キサンチンオキシダーゼ)の作用により尿酸へと変えられます。

キサンチンは、トリプトファン(アミノ酸の一種) の代謝異常によってできる物質ですが、ビタミンB6 は、このトリプトファンの代謝を正常にする働きがあるのでキサンチンの生成を減らします。つまり、ビタミンB6を十分に取っていれば、トリプトファン代謝は正常に保たれるので、糖尿病を起こす原因のひとつは
取り除くことができます。

ビタミンの知識

ストレスが多い受験生や多忙なビジネスマン に必要なビタミン

ストレスが多い受験生や多忙なビジネスマン に必要なビタミン についてです。激烈なビジネス戦線に受験戦線。現代人の中でも、とりわけ強いストレスを受けているのが、この二つの戦線の真っただ中にいる人たちです。戦いの最中につぶれないためには、どんなビタミンが必要なのでしょうか。

ストレスに対抗するためのビタミンCが大量に消費される

ストレスが多い受験生や多忙なビジネスマン に必要なビタミン

ストレスが多い受験生や多忙なビジネスマン に必要なビタミン

疲労や痛みなど、身体的なものであれ、不安やおそれなど精神的なものであれ、ストレスに対抗しようとして働くのは副腎です。ストレスを受けると、下垂体から副腎に信号が送られて副腎は盛んに副腎皮質ホルモンを合成し、分泌します。これによって血糖値を高め、エネルギーを増大させてストレスに対抗しようとする仕組みが働きます。

副腎皮質ホルモンが合成されるときには、ビタミンC が必須です。つまり、つねにストレスを受けている人は、それだけ ビタミンC を大量に消費しているのです。この状態が続けば、ビタミンC が不足してしまいます。

専門家によるネズミを使って行った実験でも、ストレスに対抗するために ビタミンC の消費が高まることが確認されています。

ベルを5分鳴らした後、5分休む操作を4時間連続して行ったネズミの副腎の重さと、体内の ビタミンC を調べた実験では、音によるストレスでも、ビタミンC は相当量減少するのです。
ビジネスマンや受験生は、日ごろから所要量の 2 ~ 4 倍 100 ~ 200 mg ぐらいを取るように心がけます。

ビタミンB1 もストレスに効く

ビタミンC と並んで注意したいのは、ビタミンB1 をはじめとするB群です。ストレスとビタミンB群の関係についてはよくわかっていない点も多いのですが、動物実験では次のような結果が出ています。

  • ネズミに不快な音を5分おきに聞かせて、8時間後のネズミの脳の中を調べると、ビタミンB1 が実験前の60% に減っていた。ビタミンB群を多く含んだえさを与えたネズミでは、B1の減り方はぐんと少ない。
  • 不快な音を聞かせると、葉酸欠乏のネズミは、正常なネズミに比べて落ち着きがなくなり、不安そうな動きを示した。

ストレスに負けないためには、ビタミンB群を十分に補給しておくことも必要です。B群の中でも、特にB1を重点的に、1 日 1.5 ~ 2mg ぐらい取るようにします。現代人には B1 不足の傾向が見られることからも特に意識して摂取したほうがいいでしょう。

ビタミンの知識

ビタミンB1 イライラ を鎮める精神安定作用

「ビタミンB1 イライラ を鎮める精神安定作用 があります。糖質分解などが有名ですが イライラ が強く出る人はビタミンB1不足かもしれません。B1が不足すると神経へのエネルギーが不足し、イライラの原因となります。自分の感情をコントロールできずにイライラしたり、怒りっぽくなったりします。そんな症状を自覚したら赤信号です。

精神の潤滑油としての役目を果たす

ビタミンB1 イライラ

ビタミンB1 イライラ

肉体的、精神的両方のストレスに追われる現代人。神経をすり減らして生きています。
そのため、時には自分の感情をコントロールできずにイライラしたり、怒りっぽくなったりします。そんな症状を自覚したら赤信号です。精神修行の前にビタミンB1をたくさん摂取しましょう。

ビタミンB1 イライラ 家庭内暴力はビタミンB1不足

家庭内暴力が ビタミンB1 を取ることで治るのかどうかの議論の結論を出すのは後にして、とりあえず、ビタミンB1 が精神にどんな形で影響を与えるかを見てみることにしましょう。

体をスムーズに動かすためには、それに見合うだけのエネルギーが必要です。神経も同じです。神経が円滑に働くためには、それなりのエネルギーが十分に補給されていなければなりません。
もし、脳、中枢神経へのエネルギー補給が十分でなければ正常に働かず、精神的に不安定になってイライラしたり、怒りっぼくなったりします。

中枢神経は糖質以外のものをエネルギー源とすることができないので、エネルギー補給行うには糖質をどんどん代謝して、エネルギーを取り出す必要があります。それには、第一に十分な糖質、第二に十分なビタミンB1がなくてはなりません。ビタミンB1 は、糖質の代謝をスムーズしよくばいに行うのを助ける触媒として、不可欠の役目を果たします。

つまり、ビタミンB1 が不足すると神経へのエネルギーが不足し、イライラの原因となります。ラットの実験では、B1が欠乏すると中枢神経に異常が見られることが確認されています。

逆に、ビタミンB1が十分にあると神経は十分にエネルギーを得ることができるので、精神の安定を得ることになります。
また、ビタミンB1は神経の働きを調整し、正常な状態に保つ働きもあります。もし、家庭内暴力を起こす原因のひとつがB1不足による精神的不安定にあるならば、B1の摂取によって改善されることになります。

慢性疲労に ビタミンB1 を

帰宅すると、「疲れたな」と感じる。それが毎日続いて、朝まで疲労感が残る、なんとなくグルい…、ここ最近の口癖は、「ダルイ」「疲れた」といった慢性的な疲労感を自覚するなら、ビタミンB1を十分に摂るようにします。

B1と疲労、あるいは、脚気は深い関係にあります。早い話が、B1欠乏症である脚気は、疲れやすい、ダルい、疲れがとれないという症状をともなって起こるというわけです。
疲労は、肉体的なものと精神的なものとがあります。肉体的な疲労は、筋肉中にたまった乳酸やピルビン酸などの物質が原因です。

ビタミンB1が不足していると、糖分の代謝が不完全になって、これらの物質が生成されてしまうのです。B1が十分にあれば、代謝が正常に行われ、疲労物質ができにくくなります。同時に、エネルギーも糖分から効率よく出てくるようになります。強度の運動をさせたネズミにB1を投与すると回復が早い、という実験の報告もあります。
では、精神疲労はどうでしょうか。脳の中には、ふだんはセロトニンという物質がたくさんあります。B1が不足するとセロトニン代謝が正常に行われなくなり、セロトニンが減少します。すると、脳の働きが鈍くなって、気力の減退、慢性的な眠けを感じるようになります。こんな自覚症状が現れたら、早めにB1を補給することにしましょう。

現代人はしっかり栄養を補給できていない?

栄養不足の貧しい時代の病気と思われていた脚気が、いまだに残っています。昭和50年前後に、多くの脚気患者が発生し、最初は公害病ではないかと騒がれたのですが、調査の結果、脚気であることがわかりました。
なぜ、今になっても脚気患者が出るのか調べてみると、昔とは違う、今の時代を反映したような原因があげられました。

米は昔よりより精白されたこと、インスタント食品や砂糖入り清涼飲料の取り過ぎ、動物性タンパク質の摂取不足(肉類、魚類、牛乳)、糖分の過剰、カルシウムの摂取不足などが主な原因で、ほかにアルコールの飲み過ぎ、激しいスポーツなども最近の脚気の原因とされます。

脚気の発生は、日本人にビタミンB1が不足しやすいことを証明しています。
たとえ脚気にならないまでも、B1が不足気味の人は、意外に多いのです。

脚気の症状

こうした症状があれば、脚気になっていなくても脚気予備軍です。食生活を見直す必要が迫られています。

脚気様愁訴

    • しびれ感
    • 下肢倦怠
    • 全身倦怠
    • 動悸
    • 食欲不振
    • 息切れ
    • 肩こり
    • 頭痛
    • めまい

神経・筋症状

    • 知覚鈍麻
    • 腱反射異常
    • 運動麻痺

循環器症状

    • 心拡大
    • 脈拍不整
    • 最低血圧下降

浮腫

  • 下肢
  • 顔面
  • 全身

ビタミンB1のまとめ

特徴

水溶性でよく水に溶け出します。また、熱で破壊されやすく調理の際には、注意が必要です。
体内に蓄積されることはなく余分に摂取された分はすべて排出されます。

作用

体内に取り入れられた糖分をエネルギーにかえる代謝のはたきを促進。脳の中枢神経や手足の末梢神経に正常に働くように作用します。
その他、成長促進、食欲増進なども。

欠乏症

最も不足しやすいビタミン。欠乏症の代表は、脚気。ほかに食欲不振、消化不良、筋肉疲労、運動障害、傷が治りにくいなども。

用量

調理などで失われる量を見込めば成人の男性では1日1.5~3.0mg、女性で1.62~2.5mgが適正量。体内に貯蔵されないので毎日摂取することが望ましい。

ビタミンB1 は、水溶性だから摂りすぎは心配ない

B1は、水溶性ですから、体内にためておくことができず大量に取っても、すぐに尿といっしょに流れ出してしまうので取り過ぎの害も、まず心配ありません。ただし、人によっては、B1剤を飲むと下痢や蕁麻疹、吐き気、胃腸の調子が悪くなる、といった症状が現れることがあります。

一種のアレルギー症状ですが、こんな場合にはすぐに服用をやめます。食事で取っている分には問題はありません。B群は総合的に取るのが基本で、B1だけを大量に取ると、余分なB1が排泄されるときにB2もいっしょに出てしまい、B2不足になることもあります。

B2不足野特徴的な症状としては、口内炎、吹き出物(にきび)などがありますが、治りにくい吹き出物で悩んでいる場合は、ビタミンB2の摂取を積極的に行いましょう。