ビタミンの知識」カテゴリーアーカイブ

血液 と 体 の健康 の 関係

血液 と 体 の健康 の 関係 についてです。

朝食をきちんと食べて貧血を改善する 血液 と 体 の健康 の 関係

血液 と 体 の健康 の 関係

血液 と 体 の健康 の 関係

毎朝の通勤や通学途中の立っているときに、突然めまいを起こしたり、冷や汗をかいたりといった、貧血の症状が起きたことはないでしょうか。

一般的には女性に多いものですが、体格の良い男性にも貧血は見られます。貧血にはいくつかの病型がありますが、最も多いとされているのが、鉄分不足のために起こる鉄欠乏性貧血です。

鉄分が不足する原因には、著しく偏った食事やインスタント食品を好む傾向、外食が多い、野菜が嫌いなどの理由があげられます。それと、朝食を食べていかない人がけっこういるかと思いますが、朝、昼、夕の一日三食をとることが健康のためには理想で、そのうち一食を食べないというのは、栄養摂取の機会を逃していることになります。

例えば、外食の多い一人暮らしの人の食事では、昼食と夕食を合わせても、朝食を抜いた分の栄養をカバーできていないと思われます。外食で選ばれるメニューのポイントといえば、ラーメンやカレーライスなど、すぐに出てきてパッと食べられるものが多いでしょう。こういった食事の内容だと、鉄分だけでなく、ビタミンやミネラルなどほかの栄養素も不足することになりかねません。

私たちの体内にある鉄の大半は赤血球の中に含まれています。ほかに、肝臓やすい臓、骨髄などに貯蔵されていたり、筋肉組織の中に含まれたりしています。赤血球のヘモグロビンの中にある鉄のはたらきは酸素を運ぶことで、肺で酸素と結合し、各組織へ送られていきます。

食事から摂取する鉄分が不足すると、蓄えられている貯蔵鉄がだんだん失われていきます。この段階では、まだ赤血球の鉄分が不足しているわけではありませんが、さらに鉄分の不足が進むと、新たに作られる赤血球の数が減ったり、小さくなったりします。こうなると、酸素が不足し運搬力が落ちて、細胞にじゅうぶんに酸素を補給できなくなるので、動悸、息切れ、立ちくらみなどの症状があらわれるのです。

若さを保つには毛細血管を発達させること

髪の毛のおよそ100分の1の太さしかないという極細い血管が毛細血管ですが、私たちの皮膚の表面には、この毛細血管が網の目のように張りめぐらされています。毛細血管のネットワークを通して、細胞のひとつひとつに栄養が運ばれたり、老廃物が運び去られていきます。

若々しくて美しい肌というのは、毛細血管がよく発達している状態です。網の目が細かいほど隅々にまで栄養が行きわたり、新陳代謝が活発に行われ、新たな細胞が次々に生まれてきます。また、皮膚の延長である髪や爪も、同じように毛細血管が発達しているほど美しいのです。つまり、毛細血管が目詰まりを起こし衰えると、皮膚は弾力を失い、くすみが出て、老廃物がたまり、シミができて、老化するということになります。

毛細血管を詰まらせてしまう原因のひとつには「便秘」があります。便秘が長く続くと腸の壁に宿便がくっついてしまい、それがミネラルの吸収を妨げます。貧血も毛細血管が衰える要因なのですが、鉄欠乏性貧血の人がどんなに食事で鉄分を摂取しても、腸での吸収が悪いのでは意味がありません。さらに悪いことに、本来なら便として体外へ出ていく老廃物が腸の中に長く留まって、ガスとして血液中に溶け込んでしまうのです。腸と肌とはこうした深い関係にあります。

腸をきれいにしておくには、野菜や海藻などの食物繊維やヨーグルトのビフィズス菌が有効となります。

ただ、肌の老化防止を考えるなら、ひとつの細胞にはあらゆる栄養が含まれているので、さまざまな栄養素をバランス良く、過不足なく摂取することが大切です。特に微量ミネラルの摂取については、鉄分の吸収のためには ビタミンC が必要で、亜鉛の吸収には ビタミンB が効果的というように、いろいろな要素が噛み合って、効率良く体に吸収されます。

ビタミンの知識

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン はどんなビタミンを摂るのがベストでしょうか?現代人はストレスが多いので多くの人がこのビタミンを必要としているのは間違いありません。

栄養をエネルギーに変える ビタミンB1

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

ストレス が かかっている人 に 必要 な ビタミン

精神のビタミンともいわれる ビタミンB1 は、情緒の安定や集中力、学習能力とも深いかかわりがあります。

ビタミンB1 はご飯やパンなどの炭水化物をエネルギーにつくりかえる重要なはたらきをしているので、不足すると当然これはうまくいきません。

それだけでなく、燃焼したあとに残ったゴミが体の細胞にたまっていってしまいます。例えば、肩に乳酸がたまると肩コリとなるし、足にたまるとむくみが起きてだるくなります。そして、さらにビタミンB1 が不足した状態になると、ストレスととてもかかわりの強い肝臓、副腎、心臓といった臓器に貯蔵されているビタミンB1が奪われ、エネルギーづくりが強行されます。

こうした状態が続くと、ちょっとしたストレスにもうまく対処することができないようになり、何かのきっかけで暴力や自殺などのエスカレートした行動をとる可能性も出てきます。

脳に必要なビタミンB群

ストレスがたまっていると、些細な事が気になって、勉強をしていても頭に入らないことがあるでしょう。何か新しい事を学習して理解したり、正しい判断をするエネルギーというのは、大脳に運ばれてきたブドウ糖が、 ビタミンB1 に助けられてエネルギーにつくりかえられ起こるものです。ビタミンB1 はこうした役割も果たしているのですが、不足が続けば脳の中にも乳酸はたまっていきます。

現代人は食生活の乱れから、集中力が続かない、イライラしやすい、落ち着きがない、といった状態にあるといえます。こうしたことも、普段摂取している栄養と大きく関係しているのです。

脳への栄養補給は、活動に応じて血管が拡張し、その部分だけに血液がたくさん流れるようなしくみになっています。ブドウ糖は、脳の中でも完全燃焼してエネルギーに変わる必要があります。そのためには、

、など、さまざまなビタミンB群がじゅうぶんに無いと、脳に蓄積される分は消耗していきます。

ストレスに対抗する ビタミンC

血管の浄化やコレステロールの新陳代謝を促進するのは、 ビタミンC のはたらきです。コレステロールを体外へ排出するためには、コレステロールから胆汁酸をつくり、それを腸へと排出していかなければなりません。

そして、胆汁酸をつくるためにはビタミンCが必要です。ですから ビタミンC が不足すると、血液が肝臓を通るときに、正常にコレステロールを血液から分離できなくなって、血液中のコレステロールが下がらなくなってしまいます。また、胆汁の中にコレステロールが排出されたとしても、完全に溶けきらずに、胆石の原因となります。

ストレスがかかったとき、血圧やコレステロールが上昇するということは、副腎皮質ホルモンを大量に生産しなればならないということで、ストックされている ビタミンC が使い果たされてしまいます。そのため、コレステロールの排出のほうにまで ビタミンC がまわらなくなった状態なのです。

ストレスがかかっているときにこそ、ビタミンCをたくさん摂って、副腎皮質ホルモンをたくさんつくり、コレステロールが上がらないようにすることが大切です。副腎というのは腎臓の上に位置する小さな器官で、ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンやアドレナリンを分泌してストレスに対抗します。

副腎皮質ホルモンには、糖質や脂質、タンパク質の代謝を促してエネルギーをつくったり、炎症を抑えるはたらきがありますが、ビタミンC は、こういった作用がある副腎皮質ホルモンの材料となっています。そして、必要なときにすぐに合成できるように、副腎にいつも大量にストックがあるのです。

私たちは、精神的なストレスのほか、風邪やさまざまな病気にもかかるので、ビタミンC を多めに摂取することを心がけていたいものです。

ビタミンの知識

お酒 をたくさん 飲む 人の 肝臓 をいたわる ビタミン

お酒 をたくさん 飲む 人の 肝臓 をいたわる ビタミン についてです。30代・40代の女性に起こる、疲れがとれない、イライラする、よく眠れないなどといった症状で、病気がないのに何となく体調が悪い状態の不定愁訴(ふていしゅうそ)の原因のひとつは、砂糖の摂り過ぎから起こるビタミンB群の不足だと考えられていますが、30代・40代の男性に多いアルコールの飲み過ぎも、同じようにビタミンB群の欠乏症を招きます。

お酒を飲み過ぎると栄養不足になる お酒 をたくさん 飲む 人の 肝臓 をいたわる ビタミン

お酒 をたくさん 飲む 人の 肝臓 をいたわる ビタミン

お酒 をたくさん 飲む 人の 肝臓 をいたわる ビタミン

人の体の中にお酒が入ると、アルコール分が食べものの中の栄養素を攻撃して栄養のバランスを狂わせ、栄養障害を引き起こします。しかも、それが長時間続く場合には、栄養失調につながってしまうので注意が必要です。

その結果、神経性の中毒精神病、いわゆるアルコール中毒となります。そして、よく起こる病気には心筋梗塞や脳卒中があげられます。

30代・40代の女性に起こる、疲れがとれない、イライラする、よく眠れないなどといった症状で、病気がないのに何となく体調が悪い状態の不定愁訴(ふていしゅうそ)の原因のひとつは、砂糖の摂り過ぎから起こるビタミンB群の不足だと考えられていますが、30代・40代の男性に多いアルコールの飲み過ぎも、同じようにビタミンB群の欠乏症を招きます。

健康にまったく影響を与えない飲酒量は一日に一合から二合で、酒飲みの人が聞けば笑ってしまうような少量です。アルコールは、胃から急速に吸収されると血液を介して全身の臓器へと運ばれ、そのほとんどは肝臓でアルコール脱水酵素の働きによって分解され、アセトアルデヒドという有害な物質になります。これが、頭痛や嘔吐など二日酔いの原因となるのです。

アルコールが分解されるためには、ナイアシンというビタミンB群の一種が必要となりますから、普段からビタミンB群が多く含まれる食品群を意識して摂ることが大切になります。

また、低血糖も、アルコールが引き起こす恐い状態です。アルコールは分子量がとても小さいため胃から吸収されるのが速いのですが、吸収されたアルコールは血液中に一時的にぐんっと出てきて、いきなり低血糖になってしまいます。

ちなみに、これは砂糖を食べた場合も同じです。血糖値が50ミリグラム以上になると強い空腹感に襲われ、精神的にイライラします。キャンディーなど手軽なもので空腹を満たすわけですが、これがお酒の場合だと、お酒の後のラーメンやお茶漬けといったものになります。これらの食事には、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのです。

ビタミンB1 の不足でアルコール性心筋症が起こる

ビタミンB1 を多く含む食品

お酒の影響は心臓にも及びます。飲酒の量が多くなることによって、心臓の筋肉のたんぱく合成能力が削がれます。つまり、心臓の筋肉が作り変えられにくくなり、ダメージを受けやすくなります。また、ビタミンB群、特に ビタミンB1 が代謝のために大量に消費されます。心臓の筋肉に不足するとけいれんを起こしやすくなり、これがアルコール性心筋症の原因となります。

お酒のつまみは低脂肪のものにする

アルコールの代謝は、砂糖やでんぷん質の食物と同じ性質です。お酒を飲んだら、その分ほかの食べものを減らすようにすればエネルギー代謝の収支は合うのですが、実際にはお酒が食欲の増進につながり、カロリーを多くとってしまうことになります。そして、脂肪のついた体になってしまうのです。

肥満防止につながるつまみというと、まず油っこいものは避けたいところです。例えば天ぷらなどは、カロリーが高いだけでなく高脂肪なので、飲酒時の肝臓に大きな負担になります。ですから、低脂肪で、できれば、高たんぱく・高ビタミンであることが理想です。野菜のほか、豆腐や納豆など大豆を使った料理がおすすめです。白身魚や鶏肉も脂肪が少ないのでよいでしょう。

休肝日をつくる

アルコールは肝臓のはたらきによって燃焼します。このはたらきはアルコールを摂取してから12時間経った頃がピークとなり、アルコールはこの時点で酢酸を経て中性脂肪となって、肝臓にたまっていきます。

一度蓄積されてしまった中性脂肪が肝臓から消失するのは、さらに12時間後です。ですから、毎日アルコールを摂取している場合、たまった脂肪が無くならないうちに次から次へと脂肪がたまっていくことになり、脂肪肝になります。これを防ぐには、お酒を飲まない日をつくって肝臓を休ませてあげなくてはなりません。肝臓のはたらきが悪いと、太るばかりか動脈硬化を引き起こしやすくもなります。
ビタミンの知識

2週間の禁酒が脂肪値を半分にします。こちら