ビタミンの知識」カテゴリーアーカイブ

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると B群 も一緒に排泄されてしまう

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると B群 も一緒に排泄されてしまう のでビタミン剤を飲む時には注意しなければいけません。ビタミンB群 のなかの ビタミンB1 を、錠剤でとったとしましょう。そうすると余分な B1 は尿のなかに排出されますが、問題なのは、そのとき ビタミンB2 B6 B12 などほかのビタミンB 群も、たとえ必要量を満たしていなくても、一緒に体外に出てしまうのです。

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

ビタミンB1 をビタミン剤と摂取すると

食べ物と健康といえば、これまではとかく栄養素のみが重視されてきた傾向が強くあります。もちろん、必要なだけの栄養素は満たさなければならないけれど、食生活というのは、私たちの生きている環境すべてをひっくるめて考えるべきです。

環境が違えば、採れる食べものの種類も質も違います。土が違えば栄養素も変わってきます。食べたあとの消化吸収だってそれぞれに個体差があるし、年齢によっても性別によっても変わってきます。

同じ蛋白質でも、充分に吸収できればその人にとっては栄養素になりますけれど、吸収できなければ腸のなかで異常発酵して、発ガン物質になります。

食べたら運動もしなければならない。取り入れたエネルギーを完全に燃焼させることが肥満を防ぎ、有害物質が体内に蓄積されるのを防ぎますから。東洋医学でいう、陰と陽のバランスも大切です。栄養素の面でも、ストレス時代といわれる現代では、苦に比べ、ビタミンとミネラルの消耗が激しくなっていますので、三大栄養素より、こうしたものをもっととる必要があります。

ただ、錠剤では効果はありません。それどころかとり過ぎて、過剰害を起こしかねません。工たとえば ビタミンB群 のなかの ビタミンB1 を、錠剤でとったとしましょう。そうすると余分な B1 は尿のなかに排出されますが、

問題なのは、そのときB2、B6、B12などほかのビタミンB 群も、たとえ必要量を満たしていなくても、一緒に体外に出てしまうのです。

亜鉛を吸収するには ビタミンB6 が必要ですから、B6 の不足している人が亜鉛剤をいくら飲んでも何の効果もありません。鉄剤も同じです。

鉄分は胃酸によって、イオン化されて初めて体内に吸収されます。無機の鉄は皮膚に沈着して色を黒くするばかりか、胃を荒らす原因ともなります。医食同源という言葉がありますが、やはり食事からでなければ、バランスのとれた栄養はとれないんですね。自然の摂理というのは面白いもので、あるミネラルを吸収するために必要なビタミンは、全部同じ食品のなかに入っています。

ビタミンB1

老化予防に必須の ビタミンE

老化予防に必須の ビタミンE についです。最近は、老化予防のビタミンとして定着した ビタミンE ですが、日常的に積極的にとりたいビタミンです。

ビタミンE

老化予防に必須の ビタミンE

老化予防に必須の ビタミンE

では、一体、ビタミンE は体の中でどのように働くのでしょうか?まず、第一のはたらきとして体の細胞のなかの脂質が酸化するのを防ぐことにより、結果として老化を防ぎます。

加齢にしたがって、体の細胞を包んでいる細胞膜をつくるコレステロールやリン脂質などの脂分が酸化して過酸化脂質という物質に変化します。

これは、てんぶらを何度もあげた後のいわゆる疲れた油のようなものと考えられます。実はこの過酸化脂質という物質がくせ者です。

過酸化脂質は一か所にできはじめると、まるでおふろのタイルのかびのように次々と連鎖的に細胞間に広まります。

この過酸化脂質への変化が血管壁細胞で起これば、血管の弾力が失われ動脈硬化になる可能性もでてくるし、血液中の細胞で起これば、血液がねばねばして血栓ができやすくなります。

がん細胞における過酸化脂質の量は、健康な細胞よりも2~3倍も多いことが確認されています。がんの原因としてもこの過酸化脂質はいま、注目されています。

ビタミンE には、これらの過酸化脂質が増えるのを抑制するという作用があります。つまり、ビタミンE には、体内の老化を防止して血栓やがんを防ぐというはたらきが期待できるということです。

ネズミを用いた実験によると、ビタミンE を投与したネズミのほうが、投与しなかったネズミよりも長生きでした。現在では化粧品にも配合されており、しみ、しわなどを防ぐビタミンとしても注目を集めています。

そのほかに、血管を拡張して、血液の循環をよくする作用もあるので、冷え性やしもやけ、痔などにも効果があります。しかし、ビタミンEは人間の体ではつくれません。また、ビタミンE¥を豊富に含む食品も限られています。それらの食品をうまく利用して上手にビタミンEを効率よく摂取したいものです。

ビタミンE を豊富に含む食品というのは、豆腐や納豆などの大豆食品、イワシ、アユ、サンマ、カツオ、ウナギなどの魚、ゴマ油をはじめとする植物油、ホウレン草やカボチャ、ノリなどの野菜、海藻類、そのほかには卵、小麦胚芽などであります。

ビタミンE を多く含む食品 はこちらです。

これらの食品を上手に組み合わせてとれば、ビタミンE をとりながらほかの栄養素もバランスよくとることができます。

たとえば、ホウレン草をゴマ油で妙めて卵とじにするなど、料理を工夫すればいくらでもおいしくとることができます。

また、抗酸化性の水溶性の ビタミンC と一緒にとれば、その効果は倍増します。しかし、ビタミンE が老化を防ぐからといって大量にとることは好ましくありません。薬局等でビタミン剤として売られてはいるが、これらのビタミン剤を多用すると、脂溶性のものなので体内にたまり過ぎてしまう危険性もあります。尚、不足する際の欠乏症の心配は、

  • 過酸化脂肪の生成(リボフスチンを作りシミのもとになる)
  • 胎児の成長不全、生殖機能の低下
  • 筋肉の萎縮
  • 生体の生理活性の弱化、感染源に弱くなる

などがあります。

ビタミンは、あくまでも食品からの摂取が基本です。ビタミン剤などを用いて 1 日に 1 g 以上とると、今度は免疫不全症というおそろしい病気になってしまうのです。あくまでも食品から上手に摂取していれば、老化を防止するので、積極的に摂取するようにしたいビタミンの 1 つです。

ビタミンE

ダイエット を成功させたい人の ビタミン

ダイエット を成功させたい人の ビタミン を初回します。朝は時間ギリギリまで寝ている、昼は仕事に追われ時間がない、そんな生活で朝食と昼食はほとんど食べられず、そのぶん、夕食をドカンと食べてしまう、という人はいないでしょうか。しかも、それだけでは満足できずに、寝る前になってお菓子を食べてしまったりしていませんか?

これは、典型的な夜食症候群で、肥満は夜つくられるというメカニズムにぴったり当てはまります。

ダイエット を成功させたい人の ビタミン

ダイエット を成功させたい人の ビタミン

また、朝食をぬく人が太りやすいのはどうしてかというと、それは、前日の夜の食事から次の食事までの時間がとても長く空くからです。その時間が長くなればなるほど、体は防衛本能がはたらき、食べたものの栄養をしっかり取り込もうと頑張るわけです。すると、脂肪の合成にかかわる酵素が活性化するため、皮下脂肪がたくさんついてしまうことになります。

不規則な時間の食事や朝食をぬくことは、肥満になりやすいということを覚えておきましょう。

カロリーを抑えた食事の危険さ ダイエット を成功させたい人の ビタミン

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、カロリーダイエットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。たくさん食べると太るなら食べなければ良い、つまりダイエットするなら摂取カロリーを抑えれば良い、と考えがちです。摂取するカロリーのほうが消費するカロリーよりも少なければ体重が減る、というのは間違いではありません。

しかし、例えば、1,000キロカロリー以下くらいの極端にカロリーを抑えた食事では、タンパク質のほか、ビタミンやミネラルといった栄養素が不足します。また、普通の食事をしていても不足しがちな鉄分や亜鉛、カルシウムなどは特に不足しがちです。

ビタミンD、カルシウム、鉄分、亜鉛などの微量栄養素は、ほぼ、赤身の肉や魚にしか含まれていないのですが、こういった栄養素が極端に不足してしまうと、体は疲労感が著しくなり、何をするにもやる気が出ないようになってしまいます。そうしてたまったストレスが、ドカ食いにつながり、ダイエットが失敗する可能性があるのです。

玄米食はダイエットに効果的

私たち日本人の主食といえば、ごはん。ちょっと塩気のあるおかずやお味噌汁と一緒に食べる真っ白なごはんは、ほのかに甘味を感じ、とてもおいしいものです。

このごはんがおいしいのは、お米のぬかや胚芽を取り去っているからです。しかし、お米の栄養というのは、実はほとんどがこの取り去られた部分に集中して含まれていて、白米の栄養はほとんどがデンプンです。

栄養の面から考えれば、精米されていないお米、玄米が一番でしょう。玄米には、

などが多く含まれていて、なかでも現代人に不足しがちだといわれている食物繊維と ビタミンB1 が豊富に含まれているのです。

そして、玄米のぬかの成分には、腸内のビフィズス菌が繁殖しやすいように整えて安定させるはたらきがあります。これが上手く行われていると、ビタミンやミネラルの吸収が良くなるし、さらには、腸内で

などを合成できます。

ダイエット効果の面から見てみると、玄米のごはんだと白米のごはんよりもよく噛んで食べることになるので、脳の満腹中枢が刺激を受けて、たくさん食べなくても満足感が得られ、食べ過ぎを抑えることができます。

玄米乳酸菌で2週間で腸内環境が変わって1週間に1回だった便通が毎日快便になった

 

ビタミンの知識