ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

血液と体の健康の関係

朝食をきちんと食べて貧血を改善する

毎朝の通勤や通学途中の立っているときに、突然めまいを起こしたり、冷や汗をかいたりといった、貧血の症状が起きたことはないでしょうか。一般的には女性に多いものですが、体格の良い男性にも貧血は見られます。

貧血にはいくつかの病型がありますが、最も多いとされているのが、鉄分不足のために起こる鉄欠乏性貧血です。鉄分が不足する原因には、著しく偏った食事やインスタント食品を好む傾向、外食が多い、野菜が嫌いなどの理由があげられます。それと、朝食を食べていかない人がけっこういるかと思いますが、朝、昼、夕の一日三食をとることが健康のためには理想で、そのうち一食を食べないというのは、栄養摂取の機会を逃していることになります。

例えば、外食の多い一人暮らしの人の食事では、昼食と夕食を合わせても、朝食を抜いた分の栄養をカバーできていないと思われます。外食で選ばれるメニューのポイントといえば、ラーメンやカレーライスなど、すぐに出てきてパッと食べられるものが多いでしょう。こういった食事の内容だと、鉄分だけでなく、ビタミンやミネラルなどほかの栄養素も不足することになりかねません。

私たちの体内にある鉄の大半は赤血球の中に含まれています。ほかに、肝臓やすい臓、骨髄などに貯蔵されていたり、筋肉組織の中に含まれたりしています。赤血球のヘモグロビンの中にある鉄のはたらきは酸素を運ぶことで、肺で酸素と結合し、各組織へ送られていきます。

食事から摂取する鉄分が不足すると、蓄えられている貯蔵鉄がだんだん失われていきます。この段階では、まだ赤血球の鉄分が不足しているわけではありませんが、さらに鉄分の不足が進むと、新たに作られる赤血球の数が減ったり、小さくなったりします。こうなると、酸素が不足し運搬力が落ちて、細胞にじゅうぶんに酸素を補給できなくなるので、動悸、息切れ、立ちくらみなどの症状があらわれるのです。

若さを保つには毛細血管を発達させること

髪の毛のおよそ100分の1の太さしかないという極細い血管が毛細血管ですが、私たちの皮膚の表面には、この毛細血管が網の目のように張りめぐらされています。毛細血管のネットワークを通して、細胞のひとつひとつに栄養が運ばれたり、老廃物が運び去られていきます。

若々しくて美しい肌というのは、毛細血管がよく発達している状態です。網の目が細かいほど隅々にまで栄養が行きわたり、新陳代謝が活発に行われ、新たな細胞が次々に生まれてきます。また、皮膚の延長である髪や爪も、同じように毛細血管が発達しているほど美しいのです。つまり、毛細血管が目詰まりを起こし衰えると、皮膚は弾力を失い、くすみが出て、老廃物がたまり、シミができて、老化するということになります。

毛細血管を詰まらせてしまう原因のひとつには「便秘」があります。便秘が長く続くと腸の壁に宿便がくっついてしまい、それがミネラルの吸収を妨げます。貧血も毛細血管が衰える要因なのですが、鉄欠乏性貧血の人がどんなに食事で鉄分を摂取しても、腸での吸収が悪いのでは意味がありません。さらに悪いことに、本来なら便として体外へ出ていく老廃物が腸の中に長く留まって、ガスとして血液中に溶け込んでしまうのです。腸と肌とはこうした深い関係にあります。

腸をきれいにしておくには、野菜や海藻などの食物繊維やヨーグルトのビフィズス菌が有効となります。ただ、肌の老化防止を考えるなら、ひとつの細胞にはあらゆる栄養が含まれているので、さまざまな栄養素をバランス良く、過不足なく摂取することが大切です。特に微量ミネラルの摂取については、鉄分の吸収のためにはビタミンCが必要で、亜鉛の吸収にはビタミンBが効果的というように、いろいろな要素が噛み合って、効率良く体に吸収されます。

Posted in ビタミンの知識