ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

血管を強くするビタミンP

水溶性のビタミンで、ルチン、ヘスペリジン、エリオシトリンの3種があり、フラボノイド化合物と呼ばれることもあります。三種のビタミンPのうち、最も強力なのはルチンです。
ビタミンPは、毛細血管に関係するビタミンです。毛細血管は、弱くなると血管壁を通じて血液が外へしみ出してしまうようになります。年をとると毛細血管はだんだん弱くなります。その結果、高血圧、動脈硬化、鼻血、老人性紫斑病などが起こりやすくなります。ビタミンビタミンP は、毛細血管を強化し、こうした症状を防止する働きがあります。
ルチンが豊富に含まれる食品は「そば」が有名です。食物繊維も豊富なため健康食として見直されています。

Tags:

Posted in ビタミンP