胃腸症状に必須のビタミンU

水溶性のビタミンで、熱には強い(140度が分解点)、白色の結晶性粉末です。別名抗潰瘍性ビタミンといわれるように、胃や十二指腸の潰瘍を治すビタミンとして知られています。ビタミンU の摂取により、胃や十二指腸の粘膜が強化され、潰瘍で皮がむけた状態になった部分が修復されて正常な状態にもどります。
テレビCMでよく目にするキャベジンなどはビタミンUが配合されています。ビタミンUは、体内でも合成されるため、意識して食品やサプリメントから 無理に摂取しなくても欠乏症になることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください