ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

生活習慣で体内のビタミン量は変化する

最適なビタミンを補給する

ビタミンは種類によってそれぞれ働きが違います。ひとつのビタミンを必要とする反応が体内で活発に行われていれば、そのビタミンはそれだけたくさん消費されます。
消費量が多ければ、その分を補わなければ抵抗力が弱まり、いろいろと体に支障をきたします。
どんなビタミンを必要とする反応が活発なのかは、人によって、生活のしかたによって違います。そのへんをよく見極めて、ビタミンを補うことがたいせつです。
必要とするビタミンの種類も量も人によって異なるのがポイントです。
生活の中でどうしてもビタミンの吸収や利用に支障をきたすようなものを体内に取り入れていることがあります。
その代表的な例がタバコやお酒です。それらによって、どんなビタミンが不足気味になるのか。この点も考えなくてはならない問題です。
こうしたことを考慮に入れずに、ただやみくもにビタミンを補うことは、まったくのむだではないにしても、むだが多いことは確かです。むだな部分が体外に排出されるのならまだしも、体内に蓄積して過剰症になったりしたら困ります。

Posted in ビタミンの知識