ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

甘いものが大好きな人のビタミン摂取術

疲れたときには甘いものがほしくなります。糖質は、脂肪やタンパク質よりもエネルギーになりやすいので、体が要求するのですが、いつも甘いものを大量に食べているとなるといおろんな問題が起きるので注意しなければなりません。

糖質の代謝にビタミンB2が使われる

日本人の砂糖の消費量は、戦後、急カーブを描いて上昇しています。国民一人当たりの年間平均消費量を見ると、1955年と1980年を比べると2倍に急増しています。
1980年では、年間24kg摂取しているデータがありますが、これは、1日平均では66gです。これは、角砂糖(1個3.5gとして) にすると19個分に当たるのですから、かなりの量です。
甘党の人は、無意識のうちに1日100g程度取っている人もいます。
最近、「砂糖の取り過ぎ」がいわれ、砂糖を糖尿病や心臓病など成人病の元凶のひとつとする見方もあります。
砂糖の適正な摂取量には定説がないので、どの程度取れば害があるのかわかりませんが、甘党の人は、そうでない人に比べてビタミンB1が不足しやすいことは確かです。
糖質がエネルギーに転化するにはビタミンB1が必要です。体内に入ってくる糖質が多いほどB1の消費量は大きくなります。それを補うだけのB1を取っていなければ、不足してしまいます。甘党の人は、ピタミンB1を普通の人の1.5倍から2倍ぐらいは取るように心がけたほうがよいでしょう。

糖尿病ならビタミンB6を摂取

糖尿病が不安ならば、レバーやイワシ、ナッツ、くるみなどによってビタミンB6を取るようにします。
糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの異常が原因で起こる病気です。
インスリンの異常にもいろいろありますが、そのひとつがインスリンとキサンチンの結合によるインスリンの活性低下です。キサンテンは、トリプトファン(アミノ酸の一種) の代謝異常によってできる物質ですが、ビタミンB6は、このトリプトファンの代謝を正常にする働きがあるのでキサンチンの生成を減らします。つまり、ビタミンB6を十分に取っていれば、トリプトファン代謝は正常に保たれるので、糖尿病を起こす原因のひとつは
取り除くことができます。

Posted in ビタミンの知識