ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

ヘビースモーカーはビタミンB2、ビタミンCを意識して摂取する

「百害あって一利なし」が常識となったせいか、最近は喫煙率が急速に下がっているようですが、それでもまだまだ「やめられない」人は多いのが現状です。また、喫煙年数が長くなればなるほど、やめるときのエネルギーは大きくなります。タバコを1日に1箱吸う人は、吸わない人の40倍もビタミンCが消費されてしまうのです。

タバコ1本で25mgのビタミンCが消失

喫煙で損なわれるのはビタミンCです。それも紙巻きタバコ1本で25mgという量ですが、100mgも破壊されるという専門家もいるほどです。1日20本も吸うヘビースモーカーなら、極端にいえば2g、つまり所要量(50mg)の40倍もビタミンCを消失してしまうことになります。1日2~3箱も吸ってしまうチェーンスモーカーなら…です。仕事が忙しく、常にたばこを加えていないと落ち着かない人はかなり多いのです。
また、自分がタバコを吸っていることを意識しないで火をつけてしまうのは神経質な日本人に多いのです。

単純計算ではいかないにしても、ビタミンCが多量に失われることは確かで、ほかにも報告があります。カナダの食品局が行った調査では、タバコを吸わない人に比べると、1日20本以上吸う人は40% 、1日20本以下の人でも25%も血中ビタミンC濃度が低いことがわかりました。

1日1箱吸っている人に、毎日1gのビタミンCを与えても、血液中のビタミンC濃度は、タバコを吸わない人の水準までいかないという報告もあります。また、食事から同程度のビタミンCを摂っていても、喫煙者は非喫煙者より30%もC濃度が低いという報告もあります。

なぜ、タバコを吸うとビタミンCが損なわれるのかはよくわかっていませんが、タバコを吸う人はビタミンCを多めに摂るほうがよいこと、本数が多い人ほど多量に必要なことなどは、もはやいうまでもないでしょう。
ビタミンCが多く含まれる食品

女性はB2不足に注意

タバコの煙にはシアン化水素という有害物質が含まれています。この物質を処理するのにビタミンB2が使われるので、タバコを吸う人には、このビタミンが不足しがちです。ビタミンCとともにビタミンB2の補給も必要です。妊娠中、あるいはこれから赤ちゃんをつくる女性にとって、喫煙によるB2の不足はぜひ避けたいものです。タバコを吸う女性から生まれた赤ちゃんに発育不良や未熟児が多い原因のひとつとして、ビタミン不足が考えられているからです。
ビタミンB2を多く含む食品

喫煙者の味覚異常を防ぐ緑黄色野菜

ヘビースモーカーのほとんどが、自分でも気づかないうちに徐々に味覚が狂っているといいます。これは、タバコの刺激が口の中の粘膜を荒らし、舌の味覚を鈍くしているのです。次の項目で自分の味覚異常をチェックしてみましょう。

  1. 全体的に薄い味より濃い味が好き。
  2. 麺類のスープは全部飲み干す。
  3. 麺類にはコショウや唐辛子をふりかけるのが当たりまえ。
  4. 味つけされているおかずに塩や醤油をかける。
  5. ほうれん草、小松菜、白菜などの味の違いがわからない。
  6. 野菜を食べるのは1日に1回以下。
  7. タバスコやカレーなど、激辛なものが大好き。
  8. コーヒー・紅茶には、必ず砂糖をスプーン1杯以上入れる。

以上の項目で、5つ以上該当すると完全な味覚異常、2つ~4つが予備軍となります。

味覚異常は、激辛ブームと関連しています。味が濃いものや辛いものばかり好んで食べていると、食べもの自体の味がわからなくなったり、薄味では物足りなく感じて食べられないようになってしまいます。また、味覚が狂ってしまっているので、野菜を苦く感じるようになったりもします。

緑黄色野菜を多く摂取することで、のどや肺の粘膜を強くし、細胞の新陳代謝が活発になります。緑黄色野菜には、ビタミンA、B、C、E、食物繊維、そして、味覚異常を改善する亜鉛も含まれているので、毎食1品は食べたいところです。それも、サラダではなく、おひたしや炒めものにして食べるのがよいです。

Tags: ,

Posted in ビタミンの知識