ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

ストレスが多い受験生や多忙なビジネスマンに必要なビタミン

激烈なビジネス戦線に受験戦線。現代人の中でも、とりわけ強いストレスを受けているのが、この二つの戦線の真っただ中にいる人たちです。戦いの最中につぶれないためには、どんなビタミンが必要なのでしょうか。

ストレスに対抗するためのビタミンCが大量に消費される

疲労や痛みなど、身体的なものであれ、不安やおそれなど精神的なものであれ、ストレスに対抗しようとして働くのは副腎です。ストレスを受けると、下垂体から副腎に信号が送られて副腎は盛んに副腎皮質ホルモンを合成し、分泌します。これによって血糖値を高め、エネルギーを増大させてストレスに対抗しようとする仕組みが働きます。

副腎皮質ホルモンが合成されるときには、ビタミンCが必須です。つまり、つねにストレスを受けている人は、それだけビタミンCを大量に消費しているのです。この状態が続けば、ビタミンCが不足してしまいます。専門家によるネズミを使って行った実験でも、ストレスに対抗するためにビタミンCの消費が高まることが確認されています。
ベルを5分鳴らした後、5分休む操作を4時間連続して行ったネズミの副腎の重さと、体内のビタミンCを調べた実験では、音によるストレスでも、ビタミンCは相当量減少するのです。
ビジネスマンや受験生は、日ごろから所要量の2~4倍、100~200mgぐらいを取るように心がけます。

ビタミンB1もストレスに効く

ビタミンCと並んで注意したいのは、B1をはじめとするB群です。ストレスとビタミンB群の関係についてはよくわかっていない点も多いのですが、動物実験では次のような結果が出ています。

  • ネズミに不快な音を5分おきに聞かせて、8時間後のネズミの脳の中を調べると、ビタミンB1が実験前の60% に減っていた。ビタミンB群を多く含んだえさを与えたネズミでは、B1の減り方はぐんと少ない。
  • 不快な音を聞かせると、葉酸欠乏のネズミは、正常なネズミに比べて落ち着きがなくなり、不安そうな動きを示した。

ストレスに負けないためには、ビタミンB群を十分に補給しておくことも必要です。B群の中でも、特にB1を重点的に、1日1.5~2mgぐらい取るようにします。現代人にはB1不足の傾向が見られることからも特に意識して摂取したほうがいいでしょう。

Posted in ビタミンの知識