ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

お酒の席が多い人のビタミン摂取術

After 5の一杯、つき合い酒、接待酒とビジネス社会ではアルコールが契約の大きなきっかけになるケースが多々あります。もともと好きな人なら、つい度を越えて飲みがちなもの。肝臓の心配に合わせて、ビタミンのことも考慮します。

ビタミンB1をはじめとしてB群が不足しやすい

アルコール好きな人がビタミン不足になるとすれば、その原因のひとつは、きわめて単純です。つまり、お酒ばかり飲んでいて栄養バランスのとれた食事をしないために全体にビタミンが不足してしまう、といったことです。特に、不足しがちなのがビタミンB1です。ウサギを使った実験で、アルコールを与えると血中B1濃度が低下することが確認されています。
最近では、食生活は乱れ酒ばかり飲んで、食事は、インスタント食品という独身男性に脚気(B1欠乏症) が見られたり、日本では少なかったウェルニッケ脳症(B1欠乏が原因で起こる脳障害) が報告されたりしています。
ビタミンB1が不足するのは、肝臓でアルコールが分解される過程でB1が消費されるからです。
また、アルコール代謝の過程でできるアセトアルデヒドという有害物質を分解するのにもB1が使われます。食物から取れるBlが減るうえに、体内での消費量が増えるのですから、B1不足になるのは当然の結果といえます。ふだん酒量の多い人は、B1を一日2~3mgぐらいは取るようにします。
もちろん、酒量をある程度減らすこと、食事をきちんと取ることは、ビタミンを補給する以前の問題です。
ビタミンB2、コリン、ニコチン酸、B12など、Bl以外のB 群も積極的に取ること。レバーや卵黄、ピーナッツなどを酒のさかなにすれば、自然にビタミンB群を補給できます。B群が十分にあればアルコールの代謝をよくし、肝臓の負担が軽くなります。アルコール常飲者に多い脂肪肝(肝臓に脂肪が異常に沈着する病気) を防ぐことにも効果があります。

二日酔いを防ぐには十分な水分摂取も大切です。
悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方が参考になります。

Posted in ビタミンの知識