ビタミン別の効用と摂取方法など。症状別に摂取するビタミンの紹介も。

その他のビタミンB群

ビタミンB群として、これまで取り上げてきたB1B2B6B12葉酸パントテン酸などのほかにも、コリン、ビオチン、パラアミノ安息香酸などがあります。

  • コリン…ナッツ類、ほうれんそう、卵黄、レバー、酵母などに豊富に含まれています。水溶性など、他のB群と同じような性質を持っています。肝臓に脂肪が沈着し過ぎるのを防ぐ働きがあります。また、血圧を上げるカテコールアミンという物質をコントロールする働きもあります。脂肪肝や高血圧に対する予防・治療効果があります。不足すると、脂肪による肝臓の変形、肝硬変が起こることもあります。所要量はまだ決められていません。
  • ビオチン…「ピタミンH」とも呼ばれますが、B 群の仲間です。最近に発見されたビタミンのひとつです。アミノ酸や脂肪酸の代謝に関係し、甲状腺、生殖器官、神経組織、皮膚組織を維持するのに役に立ちます。不足すると、顔や体の脂漏性皮膚炎、湿疹、貧血、抑うつ症、不眠などの症状が出ます。多く含む食品は、ナッツ、果物、レバー、酵母などです。
  • パラアミノ安息香酸…葉酸の構成成分のひとつで、葉酸の合成を助ける働きをします。レバー、酵母などに多く含まれていますが、所要量は特に決められていません。

Posted in その他のビタミンB群